セックスが目的であるという根底は同じ。

こんにちは、ベロニカです。


本日二回目のエントリー。


前回の記事に登場したプカプカ君


セックスのためならどんな気のある素振りも発言も惜しみなく与えてくる身体目当てのカス男


そして


一か月だけ付き合った幻の彼氏


ちゃんと手順を踏み、とても誠実で、手しかつないでいないプラトニックラブだった彼


この二人を比較して見た時


幻の元カレがどんなに誠実だったか、と一瞬、思ったのですが




どちらも一緒




なんじゃないかと思いました。





同じだろ、と。




目的はセックス。



それがわかりやすいか、わかりにくいか



なりふり構わず挑んできたのか、



体裁を気にして挑んできたか、



の違い



もちろん、幻の元カレはちゃんとした手順を踏んだ


それだけベロニカを傷つけなかった、のは確か。


好きです付き合ってください → 手をつなぐ → 無難なデートの積み重ね → ・・・


その後のステップを踏む前に別れたわけですが、おそらく


チューして セックス


彼の家に行くか、どこか泊まりに行くか、そんなステップになっていたことだろう



でも、彼は当初からやりたかったんだと思う



なぜなら



「唇がかわいいね」


とか


「鎖骨がきれいだね」


とか


「今日は口紅つけてるの?」


とかいう発言をしてきた



いや、見すぎだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



態度に出さなかっただけであって、少なからず欲情はしていたという証拠


(まぁ、そりゃそうだろうけどさぁ~~~~~)



手順を踏んでいたから、性欲よりも理性を重んじていたから



彼は誠実であるかのように見えていたが


わたしを大切にしていたかのように見えていたが



わたしが誘っていたら?


どうなっていた?




手順を踏むことによって女性の警戒心を解き、信頼を得、より確実に、美しく、体裁よく、目的を達成することができるだけであって







彼らの目的は一緒




それに対してカス男、プカプカ君は



目的を達成するためになりふり構わなかった



「こんなことしたら、相手にどう思われるか?」



などの体裁は気にせず、性欲をぶつけてきた




この行程の違いにはもちろん



ベロニカを尊重しているか、見下しているか、


ベロニカから良く思われたいか、そう思われなくても良いと思っているのか


はたまた 単純に 性欲が理性に勝ったのか






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




いろいろとあると思うのだけど





目的は一緒



だと考えた場合に



それを直球でぶつけてくる場合と


いろんな脚色をしてぶつけてくる場合と


じゃぁ、どっちが正直でいいの!???


というと、これまたどうとも言えず・・・wwww







でもなんか、




結局、一緒だよなー




と思ったのでした。





自分もしたいのならいいんだよ

自分がいいなら、いんだよ、すればいいんだよ、初めて会って30分でも。



でもベロニカにおいては



セックスすると盲目的になり、正しい判断ができなくなり、動揺しやすくなるので



相手の操作にのってはいけないなぁ、と思いました。





「付き合っていない男とは寝ない」




「付き合っても、自分がよしと判断するまで寝ない」




自分を守るためには必要なルールなのでしょうか。




もっと情熱的に恋したいけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



もう31だし、なwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




ルールを守れば自分を守れるかもしれないけど、情熱的な恋はできない



ルールを守らなければ情熱的な恋はできるかもしれないけど、散々な結果になるかもしれない



そもそも、恋?なのか?



性欲、なのか?





恋≒性欲




二アリーイコールっすね

スポンサーサイト
[2014/07/26 12:59] | 恋活・婚活 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<素晴らしきかな人生 | ホーム | 期待を裏切らないカス男>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://iamveronika.blog.fc2.com/tb.php/79-f3919cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
崖っぷちOLベロニカの日記


プロフィール

I am Veronika

Author:I am Veronika
Im always seeking to make sense of the self.

「ある晴れた日に 人生とはそうゆうもので 心配する意味なんて何もなくて 何も変わらないということに気付く。 そして私は全てを受け入れる。」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR